太陽光発電システム工事の流れ

麻布の太陽光発電システム工事の流れ
麻布で太陽光発電システム工事の流れを
ご説明いたします。

外壁塗装専門店が地球環境を考え太陽光システム工事の事業をはじめましたが、要の工事がヘタクソでは話になりません。

地球環境を真剣に考える麻布に太陽光発電システムを安心して任せていただけるよう、外壁塗装工事に負けず劣らず誠心誠意に工事をしております。

まずは、実際に行った工事を元に、太陽光発電システム工事は具体的にどのような工事をするのかをご説明いたします。

※ご自宅の条件により、多少の違いがございます。


太陽光発電システム工事の流れ
STEP1 設置の塁打ち、架台取付金具取付け

設置の塁打ち後、架台取付金具を取り付け、周囲をオーキング(シール打ち)します。
※設置する屋根のグレー色の部分には「断熱塗料ガイナ」が塗ってあります。

金具取り付け画像
矢印
STEP2 架台取付け

すべての金具を取付けたら、架台の取付をします。屋根の不陸がある場合は水糸を張り、高さを調整します。

架台取付け画像
矢印
STEP3 パネル設置

架台が取付けたら、いよいよパネルの設置です。パネル同士のプラス極とマイナス極のコネクターを接続し、パワーコンディショナー(変換機)へ接続します。

パネルの設置画像

お問い合わせはお気軽に!

太陽光発電のこと、外壁塗装のこと、お気軽にご相談ください!

『誰よりもうまく、どこよりもうまく』を社訓に、私たちが自信を持って社会に貢献できること。それは『建物の塗り替え』、そしてキレイな町づくり。 夢のマイホームをお守りする・・。私たちは『建物再生』のプロフェッショナル集団です。

お問い合わせはこちら